読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪の街で悠々と妄想してたら迷い込んじゃった

大阪に住んでいて色々と思ったことを書いていきます

キリン一番搾りの「大阪づくり」を飲んでみました

コマーシャルとかで存在自体は知っていましたがキリン一番搾りの47都道府県バージョンを飲んでみました。

47都道府県の一番搾り

飲んだのは当然「大阪づくり」です。

f:id:osaka-mousou:20160707150624j:plain

f:id:osaka-mousou:20160707150704j:plain


通常の一番搾りとは違って全体的な色は金色です。

裏に吉本新喜劇の「すち子」のイラストが描かれていますね。

味わいは、ブラボーホップのおだやかな香りと、めっちゃ豊潤な飲みごたえ。なんだそうです。

私自身、普段の家飲みは財布に優しい第三のビールの「金麦」なんですが、この時は友人が家に遊びに来たので久々のちゃんとしたビールです。

うん。やっぱり麦芽100パーセントのビールは美味しいです。

それにしても、第三のビールでもない発泡酒でもない本来のビールを飲むと濃厚に感じます。これが本来のビールの味ですね。

今年は見送られたようですが来年ぐらいには第三のビール発泡酒の税率が上がってビールの税率が下がるみたいです。

そうなったら、やっぱり晩酌はビールにしようかな。と思っています。

ここ最近、ビール会社各社がビールの新製品を出したり、今回の一番搾りの企画もそうですが、来年以降にビール回帰の流れが来るだろうと予測してのことでしょうね。

ちなみに、この47都道府県の一番搾りは本当に47通りに味を変えているそうなんですね。

私が実際に飲み比べたとしても絶対に分からないとは思いますが、キリンのこういった試みって楽しくて茶目っ気があってほんと素晴らしいです。

コマーシャルも各都道府県で作成しているみたいですしね。かなり気合が入っているようです。

それと、どうでもいいですけど、「すち子」って一気に人気者になりましたね。ビッキーズの時もそれなりには活躍していましたけど吉本新喜劇に入ってからの方が大活躍でしょう。

ほんとあっという間に座長までなりましたからね。これからも頑張って下さい。

というわけで、来年にビールの税率が安くなったらキリン一番搾りを飲むようにします。